子宮筋腫の改善方法について

ここでは、子宮筋腫を治療するうえで知っておきたいことについて解説しています。今の辛い症状の改善やお悩みの解消に少しでも参考になれば幸いです。

子宮筋腫の改善方法ついて記事一覧

子宮筋腫の治療には様々な方法がありますね。実際に子宮筋腫の症状のあらわれ方には、筋腫の出来た位置や大きさ、癒着なども人それぞれで、症状と位置が一致しない場合もあります。また、その子宮筋腫が周りの臓器を圧迫する程度や月経痛も違ってきます。そして、子宮筋腫の治療法の選択する時のポイントは、これから妊娠を希望するのか、それとも閉経が近いなど、その人の年齢や生活スタイル、いまの立場など様々あるでしょう。そ...

現在の子宮筋腫治療のメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?現在行われている子宮筋腫治療は、大きく分けて薬物療法と手術療法の2つがあり、更にその他の治療には、収束超音波療法や子宮動脈塞栓術などがあります。どの治療法を選ぶにしても、筋腫の出来ている場所や、発育の程度などの症状を総合的に判断して決める必要があり、その為には、それぞれの治療法のメリット、デメリットを知って、どのような経過...

子宮筋腫になりやすい人は、食事や体型などである程度の傾向が分かると言われています。医学的にはっきり分かっているのは、人種による差があるということです。これは、白人より黒人の方がなりやすく、実にその数は2〜3倍子宮筋腫になる人が多いと言われています。その他にも、出産経験がない人や早くに月経がはじまった人は子宮筋腫になりやすいですね。また、肥満気味の体型の方も子宮筋腫が多く見られる傾向があり、特に動物...

子宮筋腫があり、不妊で悩んでいませんか?子宮筋腫になると不妊に必ずなるかと言えば、そんなことはありません。実際にあっても出産している人は多くいらっしゃいます。ですが、全くないということではなく、不妊の原因となりえます。子宮筋腫には出来た位置によって分けられますが、一般的に不妊と関係があると言われているのは、子宮の筋肉の中に出来る筋層内筋腫や子宮の内腔に向かって成長する粘膜下筋腫です。子宮全体を覆っ...

主な子宮筋腫の症状には、月経痛、過多月経、しこり、貧血、不妊、圧迫症状、性交痛などがあります。これらは子宮筋腫自体がもたらす症状です。子宮が大きくなると他の器官などを圧迫することで、腰痛や頻尿などの障害がでてくる事もあります。特に注意しなければいけないのは、過多月経によ鉄欠乏症貧血です。中でも、子宮の内側に筋腫が出来る粘膜下筋腫は、多くの毛細血管が表面にあり、そこから月経時に大量に出血することで、...

「固いしこりのようなものがある」「下腹部が膨らんできた」「月経痛が多くなった」「子供が授からない」など、検診でたまたま見つかったなど、人それぞれ理由はあると思いますが、医師から子宮筋腫がありますと言われショックを受けた方もおられるでしょう。そして、誰もがそう言われれば、様子を見て良いものか、それとも手術が必要なのかと思われると思います。通常は、こうした場合は、現在の子宮筋腫の症状が日常生活に支障が...

子宮筋腫の薬物療法は、月経痛をやわらげたり、月経を減らすなどの対症療法になり、子宮を温存する目的で行われます。また、ピルなどのホルモン剤で月経の量を減らす場合は医師に相談して行う事が大切ですし、貧血があるようなら鉄剤を服用することでめまいやだるさ、動悸、疲れやすいなどの症状を改善することが出来ます。ですが月経痛が酷い場合は、鎮痛剤や漢方薬を使用して、少しでも痛みがない生活が出来るようにすることも必...

子宮筋腫の芽が大きくなるのは何故でしょうか?子宮筋腫がどうして出来るのかは、まだはっきりしたことは分かっていませんが、子宮の筋肉の中に筋腫に育つ細胞の芽のようなものが子宮筋層に元々あって、なんらかのきっかけでその芽が大きくなると筋腫になるという説が有力です。そして、そのきっかけとして考えられるのが女性ホルモンのひとつである卵巣ホルモン(エストロゲン)です。実際に、女性ホルモンの分泌が盛んな30代頃...

プルーン紅茶で女性ホルモンを活性化させられることをご存じですか?テレビや雑誌等でも多く取り上げられたことがあるので知っている人も多いかも知れませんね。そもそも子宮筋腫などの婦人病は、ホルモンバランスの崩れが大きな関わりがあるのですが、その原因による症状を自覚している人は意外に少ないものです。そして、女性ホルモンバランスを崩す要因の一つにストレスがあります。現代社会ではストレスのない生活を送ること自...

女性なら子宮筋腫の改善はもとより、健康のためにも女性ホルモンについて知っておくことが大切ですね。そもそも女性ホルモンは多いほうがいいと思っている人も少なくないでしょう。特にエストロゲンには、弾力のある健康な若々しい美肌を作ったり、髪のつやなど出したりと美容面や、気分を前向きにするなど精神面への働きがあるので女性としての魅力もアップしてきます。しかし、エストロゲンが減ってくると、肌がかさついてきたり...

女性を悩ますものの一つに便秘がありますか、子宮筋腫と関係があるのをご存じですか?便秘の原因は不規則な生活や食事、腹筋の弱さなどが考えられますが、実は、女性ホルモンの働きが関係しています。その為、生理が順調なうちは自然なサイクルで便秘も回復します。実際に、女性は生理前には便秘気味になり、反対に生理直前や生理中になると下痢気味になることが多いのではないでしょうか。これは生理前になると、女性ホルモンのひ...

ホルモンバランスを乱す生活をしていませんか?人間の体には、様々なホルモンによってコントロールされていますが、数多くあるホルモンの中でも、女性の体のリズムを作るなど、とても大きな影響を与えるのが女性ホルモンです。また、脳の視床下部や下垂体、卵巣、性腺刺激ホルモンの機能の働きなどのどこかにトラブルが生じれば、女性ホルモンの分泌が乱れてバランスが崩れてしまいます。すると、月経に関する生理前症候群(PMS...

子宮筋腫での経過観察中の日常生活においては、月経量の変化や痛みの有無、体調などに十分に注意をしておくことが大切ですね。子宮筋腫の場合は、良性の腫瘍なので症状がなかったり、日常生活に支障がなければ定期的に医師の診察を受けて、筋腫の状態や前回との変化をチエックする経過観察を行います。また、貧血の検査も行うこともあり、症状が見つかれば鉄剤などによる薬物治療を行ったりもします。生理痛がある場合も同様です。...

子宮筋腫を改善し治療する上で適度な運動をすることは大切ですね。何故なら、運動をして筋肉を動かすと、全身の血行が良くなり体が温まり、卵巣や子宮にも血液が十分に行き渡り、正常に機能するようになるからです。また、子宮筋腫は女性ホルモンのバランスが崩れることが大きな原因ですので、ストレッチなどの軽い運動で骨盤のケアをして、歪みを直すことで女性ホルモンのバランスが整ってくるのです。そもそも女性ホルモンを分泌...

月経中に起こる激しい生理痛や生理不順でお悩みではありませんか?毎月の生理痛が酷いと精神的にも憂鬱になってくるものですね。また、生理不順で生理がなかなか来ないのも、いざ子供を作ろうという時に妊娠が出来るのか不安になるものです。生理痛や生理不順をはじめ、子宮筋腫などの婦人科疾患は、薬よりも食事や運動などを含めた生活習慣の改善と共に、血行を促進するツボ刺激が効果的です。そして、生理痛や生理不順、子宮筋腫...

ホルモン剤の副作用をご存じですか?そもそもホルモン療法は、子宮筋腫に発育に関係するといわれるエストルゲンの効果をホルモン剤で抑えることです。閉経すると筋腫は小さくなりますが、このことを利用して、閉経状態を作ることで一時的に筋腫を小さくします。そして、貧血や子宮筋腫が大きくなる傾向があり、閉経が近いと考えられるケースでは、症状をやわらげながら閉経まで持ち込む対処療法としてGnRHアゴニストというホル...

子宮筋腫はストレスと深い関係があるのをご存じですか?現代はストレス社会と言われ、職場での人間関係、育児、家事、家庭問題などのストレスや心配事などは、女性ホルモンのバランスに悪影響を与えてしまいます。女性ホルモンは、女性の心と体の機能を整える為に欠かせないもので、精巧な機械のように細かな仕組みで分泌され機能していることから、ストレスや不規則な食生活などで、バランスが乱れてしまうのです。そのようにして...

子宮筋腫は食生活(食べ物)が大きく影響していることをご存じですか?近年、子宮筋腫などの婦人疾患が増えていることから、食生活や生活習慣がどう関わっているのか気になっている人も多いことでしょう。子宮筋腫は、月経が筋腫の芽を育てていることは明らかであることから、生理をコントロールしている女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が作り出されることが増え、ホルモンバランスが乱れることが深く関わっていると考...

子宮筋腫と子宮内膜症(子宮腺筋症)は合併の頻度が高いと言われていますね。実際に生理痛がひどく病院に行ってみると、子宮筋腫に子宮内膜症も併発していると言われた方も少なくないでしょう。どちらも発症の過程においてエストロゲンが関与しているかどうかははっきりしたことは言えませんが、病気の進行には女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっているのは明らかでしょう。このように病気の発症や進行に共通性がある病気は、...

子宮筋腫の食事療法として、玄米菜食は良いのでしょか?肉類などの動物性性脂肪の多い食事は、筋腫の増大や内膜組織の増殖をを引き起こす女性ホルモンのエストルゲンをが増えることから、野菜を中心にして基本的に玄米食をしている人もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに玄米や豆類は、ビタミンBやEを含んでおり、肝臓の働きを良くするので、女性ホルモンのエストロゲンのレベルを下げるのに役立つでしょう。また、最近は...

子宮筋腫を予防する方法はあるのでしょうか?確かに子宮筋腫が出来るのを確実に防ぐ方法というのはありませんが、生活上に注意を払うことで症状をなだめて抑えこんだりすることは出来ると考えられます。そんな日常生活で気をつけるべきことは、主に4つあります。一つ目は体をを冷やさないようにする、二つ目は太らないようにする、三つ目は便秘をしないようにする、四つ目は動物脂肪を摂りすぎないようにすることです。これが、基...

基基礎体温は女性の月経など、健康なリズムを知るための大切なバロメーターになりますね。妊娠しやすい時期が分かるのはもちろん、女性の体調を司る女性ホルモンの分泌をみてとることが出来るからです。そして、女性ホルモンは主に卵巣から分泌され、月経のリズムを調整しており、卵子を成長させて排卵を促したり、妊娠して受精させ、着床した卵子の為に子宮内膜を整えたりしています。これによって、排卵や月経が起こり、基礎体温...

女性ホルモンは腸と深い関係があるのをご存じですか?生理前になるとお腹がゆるくなったり、便秘になる。生理中にはお通じが良くなるなど、快腸になるといったことを実感する女性も多いのではないでしょうか。実は、これは女性ホルモンの影響なんですね。このような女性が胃腸にトラブルを起しやすいのは、生理(月経)や排卵期などによって女性ホルモンのバランスが崩れて乱れやすくなるからです。それによって腸内環境を悪化させ...

子宮筋腫の治療には糖質制限はいいのでしょか?私たち現代人のまわりには、白米、パン、パスタなどの麺類、ポテトチップスなどのスナック菓子、スイーツ、果物、ジュースなど、あげればきりがないほど糖質で溢れています。そんな糖質の取り過ぎは、様々な問題を引き起こしますが、子宮筋腫などの女性疾患も例外ではなく、女性ホルモンのバランスを乱す原因にもなるとも言われています。そもそも人間の体は、低血糖を補うシステムは...

子宮筋腫は老化も関係しているのをご存じですか?子宮筋腫は女性ホルモンのバランスの崩れが原因ですが、それに老化も関係しているのです。というのも私たちの体は活性酸素にさらされており、これは呼吸や新陳代謝の際にも発生しており、細胞が酸素を活用する過程で必ず出来るものです。そして、活性酸素とは、簡単に言えば酸化作用を持つ酸素のことで、体では身体をサビさせ老化を意味し、子宮や卵巣などの体の臓器を損傷させ、子...

子宮筋腫が妊娠中に見つかることが良くありますね。これはエストロゲンが妊娠すると急激に増えることから、子宮筋腫もそれに伴って大きくなるために、それまで気づかなかったのが検査で発見されることが多くなるのです。そして、子宮筋腫が妊娠中に見つかった場合に、やはり一番気になるのは胎児への影響がないかということでしょう。筋腫は大量に分泌されるエストロゲンの影響を受けて増大することから、胎児が圧泊されて発育が妨...

月経前にイライラやむくみといった症状がありませんか?こういった月経前のイライラ、むくみ、落ち込み、眠気、吐き気、食欲の増加や減退などといった様々な症状を総称して月経前症候群(PMS)と言われていますね。これらは一般の女性にも見られますが、子宮筋腫を持っていて、月経痛や出血が多い人にこれらの症状を合わせ持っていることが多いものです。排卵後、基礎体温が高温になる月経の約10日前くらいから始まり、月経が...

子宮筋腫での貧血も厄介なものですね。症状の中でも最も多いのが過多月経なので、それによって出血が増えると、多くの鉄分が失われ貧血になりやすくなります。また、筋腫が原因で生理の時以外に不正出血が起こることもあります。これは、筋腫が子宮内腔を押し広げて引き伸ばすことで、面積が広くなり生理時に排出される経血が多くなるからと考えられています。貧血は徐々に悪くなるから、だるさや気力がなくなる、めまい、どきどき...

子宮筋腫で子宮を取るとどうなるのかご存じですか?子宮全摘術を行う場合には、異常がなければ卵巣は腹腔内にそのまま残すのが原則です。子宮を取ったとしても卵巣そのものの働きは変わらず、閉経まで女性ホルモンを作ることが出来るからです。子宮がなくなれば月経は止まりますが、卵巣が残れば女性ホルモンはそれまで通り生産され続けます。以前は、「せっかく開腹したのだから、今後、腫れたり、がんになることもある卵巣も同時...

子宮全摘には後遺症が出ることもありますね。子宮筋腫などの婦人疾患で、医師に子宮全摘術を勧められてる方にとっては、臓器をとってしまうことにはメリットだけでなく、デメリットもあるような気がして不安ということもあると思います。何より、全摘すれば必ず良くなるのかということが一番知りたいことではないでしょか。確かに子宮全摘術を受ければ子宮が原因となっていたと思われる症状は良くなると考えて良いでしょう。出血が...

子宮筋腫は、ホルモンバランスが崩れが大きな要因ですが、リフレクソロジーはこのバランスを調整する効果があるのをご存じでしょうか?体が健康にになろうとする本来備わっているパワーを目覚めさせ、症状の改善に有効なものが自然療法です。これは代替療法とも呼ばれ、欧米などでは医療を補足する方法として一般的に取り入れられています。日本でも改善効果が期待出来るとして注目されており、そのひとつにリフレクソロジーがあり...

子宮筋腫を改善するには冷えとりが大切です。一口に冷えといっても、体全体や手足だけ、上半身がのぼせて下半身が冷えるなど様々です。血の巡りが悪ければ、自覚がなくても冷え性の予備軍とも言え、血行が悪いことでほてりやのぼせも起こります。特に骨盤内の血液循環を悪くするような慢性的な冷えは、子宮筋腫を増大させる要因ともいわれます。また、冷えは女性ホルモンに大きく関係してしており、黄体ホルモン(プロゲステロン)...

TOPへ