ホルモンバランスの大切さ

女性なら子宮筋腫の改善はもとより、健康のためにも女性ホルモンについて知っておくことが大切ですね。
そもそも女性ホルモンは多いほうがいいと思っている人も少なくないでしょう。

 

 

特にエストロゲンには、弾力のある健康な若々しい美肌を作ったり、髪のつやなど出したりと美容面や、気分を前向きにするなど精神面への働きがあるので女性としての魅力もアップしてきます。
しかし、エストロゲンが減ってくると、肌がかさついてきたり、抜け毛が増えたり、髪がぱさぱさになりつやもなくなり、気分も落ち込むなどの症状が出てきます。

 

 

その為、単に女性ホルモンのエストロゲンを増やせば、いつまでも綺麗で健康でいられると思い違いをしてしまい、もう一方の女性ホルモンのプロゲステロンには無頓着な方もいるでしょう。

 

 

エストロゲンは、子宮や乳腺などに強く働くホルモンで、そのバランスが正常であれば抗エストロゲン作用のあるプロゲステロンが適切な時期にエストロゲンを鎮めてくれます。

 

 

ですが、プロゲステロンが不足していたり、逆に多かったりする期間が長くなればなるほど、子宮内膜や乳腺に必要以上のストレスがかかって、正常な状態を維持出来なくなってしまうんですね。

 

 

その結果、子宮内膜が分厚くなって子宮内膜症や子宮体ガン、子宮筋腫が出来たりとその発症率が高くなってきますし、乳腺が刺激されて乳がんが出来る可能性も高くなります。

 

 

実際に、生理が早く始まった人や出産していない人、閉経を遅くに迎えた人、ホルモン補充療法をを受けた人は、乳がんのリスクが高まるという報告があります。
そしてそれらに共通していることは、エストロゲンが長期間分泌していることです。

 

 

つまり、エストロゲンは多くても少なくても良くないという事です。これはプロゲステロンも同じで、分泌が多くなれば体も心も不調になってきます。

 

 

したがって、子宮筋腫をはじめとした女性特有の疾患は、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが生理や排卵前後など女性ホルモンがバランスよく分泌され、生理が順調であることが、子宮筋腫の改善や予防にもなり、しいては女性の美と健康に繋がるのです。

 

>>改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座を公式サイトで今すぐチェツクする<<

 

TOPへ