計測した子宮筋腫の大きさには誤差がある

子宮筋腫の大きさは、内診や超音波検査(エコー)、MRIなどで調べることが出来ますが、計測した子宮筋腫の大きさには多少の誤差が出てきます。

 

 

そもそも医師によっては、子宮を含めた子宮全体の大きさを言って「鶏卵くらいの大きさ」とか、子宮筋腫の直径で「およそ〇センチ」と言われることもありますね。
多発した子宮筋腫では、一個ずつの大きさではなく子宮全体の大きさで測る方が分かりやすいこともあり、症状によっては説明が違う事もあるので確認しておくことが必要でしょう。

 

 

また、子宮筋腫は直径が計測しやすいような球形をしておらず、歪んだいびつな球形していることから直径を測るのが難しく、最も大きい部分を2方向から計測することもあります。
正常な筋層と子宮筋腫の分かれ目がはっきりしていないこともあり、1〜2センチの誤差が出るのが普通です。

 

 

とは言え、前回検査して子宮筋腫の大きさを測った時は4センチだったのが、今回の検査で5センチと言われれば、大きくなったと落ち込んで、一喜一憂する人もいるでしょう。
ですが、多少の大きさの増減で振り回されて不安になることはありません。

 

 

そもそも子宮筋腫の大きさだけで手術をすることないので、大きさだけにこだわることはないでしょう。
なお、恥骨上に何か固いものが手に触れる場合は、子宮筋腫が疑われますが、その場合、子宮の殆どは骨盤内にあることから、かなりの大きさにならないと、骨盤の上で手で触れることはありません。

 

 

したがって、手で触れて分かった頃には、子宮筋腫がこぶしくらいには少なくともなっていると考えられるでしょう。

 

TOPへ

 

TOPへ